こんな悩みや疑問ありませんか?

  • 他社製品と比べて、
    自社製品は どんなイメージなのだろう…?
  • この業界では どんなサービス
    最も 注目を集めているのだろう…?
  • 自社の 企業としての強み
    どの点だと思われているのだろう…?
  • 世代や性別によって 自社の印象
    どれぐらい変わるのだろう…?
  • マーケティング戦略の切り口として
    何か新しいものはないだろうか…?
お問い合わせはコチラ

その悩み“ビッグデータ”が解決します

ビッグデータで出来る5つのポイント

  1. 1

    競合比較検索

    自社の製品と競合他社の製品のイメージを比較して検索したい場合

    競合比較検索のイメージ
  2. 2

    広告効果測定

    広告やキャンペーンが1ヶ月で
    どれくらい話題にされているのか検索可能

    広告効果測定のイメージ
  3. 3

    流行ワード検索

    最近よく聞くキーワードは
    いつ頃流行り始めたのか
    検索可能

    流行ワード検索のイメージ
  4. 4

    消費者インサイト分析

    商品について顧客や消費者を刺激するキーワードを探したい

    消費者インサイト分析のイメージ
  5. 5

    履歴確認で本音調査

    製品やサービスに対する本音、ユーザーの率直な意見を知りたい…

    本音調査のイメージ
お問い合わせはコチラ

ビッグデータでソーシャル上から課題を発見!

さらにビッグデータを活用し課題解決へ!

ビッグデータ活用術その1 競合比較ができる便利な検索機能

食品メーカーでの活用例 自社の冷凍食品と他社の冷凍食品を比較してプロモーション戦略に活用

同時に最大3つのキーワードが設定できます!
ANDキーやNOTキーを使って製品等を絞った検索も可能!
競合との比較や、今の売れ筋を一発で検索できます!


ビッグデータ活用術その2 一定期間のヒット件数把握!

クレジットカード会社様での活用例 実施したキャンペーンの成果を視覚化し、次のマーケティング戦略の参考資料に

それぞれのキーワードが、キャンペーン期間中など指定した
期間で何件投稿されたかがすぐに把握できます!さらに情報発信力の
強い“インフルエンサー”のみの投稿数も同時に収集可能!


ビッグデータ活用術その3 ヒットのきっかけと時系列の動きがわかる!

不動産事業者様での活用例 最近同業他社のサービスが急成長。何がきっかけだったのかを徹底調査

指定した期間における市場の成長や成長し始めた時期が
わかります!結果件数がグラフで表示されるのでパッと見で推移を把握できます!


ビッグデータ活用術その4 一緒に検索された「関連語」がわかる!

人材教育業者様での活用例 「研修」と調べたら関連語に「会計」が。顧客の潜在ニーズが丸分かり

検索キーワードと一緒に投稿されている単語も検索!
商品・サービスのどこに注目が集まっているのか?
他業界のトレンドは何なのか?といったデータを簡単入手!


ビッグデータ活用術その5 一定期間のヒット件数把握!

旅行・レジャー事業者様での活用例 お客様が投稿したちょっとした不満も見逃さず、顧客満足度向上のヒントに

検索キーワードを含んだ投稿を全文表示して確認できます!
アンケート等と異なり、作為の無いユーザーの生の声を聞いて、
商品開発や広告宣伝の糧に!フィルター機能を使って、宣伝の投稿を除いた結果のみを表示することも可能です!