「子育てママ」にリーチする
意外すぎるタッチポイントとは?

画像:動画を見る人

多忙な子育てママが「じっくり」見てくれる時と場所がある

家事に育児に仕事・・・自分の時間など無いに等しい子育て女性にとって、テレビや新聞、ましてや雑誌など、じっくり見ているヒマはありません!スマホだって、SNSやメールの返信、せいぜいレシピ検索でスキマ時間はハイ終了。そんな子育てママにも、実はぽっかり空いた手持ち無沙汰の時間があるんです。そう、それは「病院の待ち時間」。

画像:カメラ 小児科、耳鼻科など「病院」の待ち時間に、広がるデジタルサイネージ。

発熱や腹痛、鼻水・のどの痛み、湿疹・・・子供に体調不良はつきものです。病院通いもママの仕事のうちとはいえ、人気のある小児科や耳鼻科は毎日2~3時間待ちが当たり前というくらい混んでいるし、多忙な中での通院は大変。具合の悪い子供を抱えて、ママも不安でいっぱいです。そんな中、待ち時間を利用して患者さんの不安を少しでも和らげようと、デジタルサイネージで情報映像を流す病院が増えているのを知っていますか?

おむつから保険まで・・病院内だからこそ気になる情報を効果的に配信。

病院内の受付カウンターの上などに設置されたデジタルサイネージの下部分には順番待ちの番号が表示されており、患者さんは自分の番号を確認できるようになっています。その上のモニター部分では主に健康をテーマとした、お役立ち情報の映像が流されますが、通勤電車内の映像のようなイメージといえばわかりやすいでしょうか。医療機関で触れる情報なので信頼性が高いと認識されやすく、トイレタリーから金融商品まで、子育て世帯に必要とされる様々な商品・サービスの広告媒体として注目が高まっています。

画像:動画を見る会社の人々

市区町村単位のエリアセグメントでより効率的な情報配信を!

小児科は子供とその母親の来院が中心ですが、耳鼻科や内科・皮膚科、整形外科などではシニア層も多くなっており、それぞれターゲットごとの出稿も可能です。また、配信できる医療機関は全国にまんべんなく立地していますが、市区町村単位でセグメントすることもできます。これまでに実施した内容としては、医療系の疾患啓発、トイレタリー商品、飲料、家電(空気清浄機など)、ベビー用品・絵本・チャイルドシートなどの子供向け商品、健康系のシニア向け商品、教育・資格関連商品、保険商品など、大手企業を中心に幅広い分野の実績があります。「子育てママに売りたい商品」はやはり人気が高いですが、配信内容もアイデア次第と言えそうです。詳しい資料はこちら、または弊社営業担当までお気軽にお問い合わせください。

関連記事

※BtoB AD magazineは、現在公開準備中です。
BtoBを中心とした企業様の広告・宣伝・広報ご担当者様の業務に役立つWebマガジンです。
公開は当サイトにて告知させていただきますので、どうぞご期待ください。

▲ page top