もっと「動画」を活用したい企業に朗報!
いま注目される企業の動画配信とは?

2015.05.20

画像:動画を見る人

これからは「動画」の活用が、ビジネスの成否を分ける!?

動画サイトをはじめ、インターネット上のあらゆる場面で動画を目にする機会が多くなりました。その情報量は3分で 12ページ分とも言われる動画ならではの特長として、例えば複雑な製品の説明など、写真や文章だけでは限界の ある内容も分かりやすく紹介できるという点が挙げられます。また直接会って話すことが難しい海外向けにも、ネット 動画なら実に簡単にアピールできます。もはや動画をビジネスに使わない手はない!と思いませんか?

画像:カメラ 動画の新しい“作り方”、
それは「テレビの取材を受ける」という方法。

とはいえ、「企業として『スマホ動画』を簡単にネットに流して良い ものか?」「社長インタビューを社員が撮影するのは難しい」など、 企業が動画を取り入れることに対する壁もそれなりにありますよね。 また、どれだけ多くの動画を自社サイトや動画サイトに投稿しても、 見てもらえなければ全く意味がありません。

そんな課題を解決するアイデアがあります。それは、『テレビの取材』による動画制作。
 「取材してもらうためにどう働きかけたら良いの?」「自社の思い通りに撮ってくれないんじゃないの?」
そんな心配も不要です。

「企業紹介」番組制作と、番組の二次利用で作る
新たな動画プロモーション。

テレビ各局には、「企業紹介」というジャンルの番組があります。この番組づくりでは実際の企業や商品・サービスブランドについて番組制作側が深く取材し、企業側の意向を汲み入れながら編集を進めていきます。完成したVTRはTV放映され、放映後の番組は企業側が二次利用できるという内容になっています。テレビ局(番組)によって内容・条件が異なりますが、いずれもネット等での動画利用を前提にした企画となっている点が特徴です。

画像:動画を見る会社の人々

「テレビに取り上げられた」という付加価値と、 番組制作のプロが企業の意向に沿って制作するメリット。

動画は動画サイトや自社サイトに掲載できるのはもちろん、展示会や会社説明会での利用も自由。国内外のお客様への商品紹介だけでなく、採用やIRへの活用にも効果的なツールになります。またテレビの取材であれば、社長インタビューなどのコンテンツも収録しやすく、第三者が見てわかりやすい編集になることもメリットと言えるでしょう。

なお当社では代表的な企業紹介3番組(3局)を比較した企画書を用意しています。こちらからお問い合わせいただければ資料をお送りいたします。また、弊社営業担当へもお気軽にお問い合わせください。

関連記事

※BtoB AD magazineは、現在公開準備中です。
BtoBを中心とした企業様の広告・宣伝・広報ご担当者様の業務に役立つWebマガジンです。
公開は当サイトにて告知させていただきますので、どうぞご期待ください。

▲ page top