Incoming Story - 新人社員の3ヶ月
4月
営業リーダー同行でナショナルクライアント訪問

まず入社直前の5日間、内定者研修で社会人としての基礎を学ぶ。3月31日にはフライングで先輩についてお客様と名刺交換をし、商談にも参加。その後営業チームに配属され、チームリーダーの先輩につく。同行訪問で大手メーカーの方と名刺交換したり、商談の中で最近の業界動向についてヒアリングしたりと、
最前線で勉強の日々。

5月
若手の先輩についてAEの仕事を1から学ぶ

入社2年目の先輩営業の指導のもと、アポイント電話にチャレンジ。「こう言われたらこう切り返すと良い」などの具体的なアドバイスを受けながら、12社のアポイントを獲得。先輩に同行いただき、イベントなどの企画を提案した。アポイントがない時間帯は先輩のクライアント企業に同行し、多種多様な業種の企業を訪問する。

6月
企画進行チームでクリエイティブの実務を経験

ジョブローテーションで営業部から企画進行チームに移り、受注した仕事の制作進行業務を担当。社内報やイベントポスター、チラシ等の制作進行に携る。デザイナーやクライアントと打ち合わせをしながら納品まで進行した。同時に、 先月訪問した企業からの引き合いを受けてコーポレートツールのクリエイティブ提案を実施。

Q&A
伝創社に入社を決めた理由は?

小さいころから企画を考えてそれを形にすることが好きでした。学生時代にも、サイトを制作したり、映像を撮ったりグラフィックを制作したりといった活動をしていました。それが広告業界に興味を持ったきっかけです。伝創社は総合広告会社として様々な提案ができることと、少数精鋭で一人ひとりが成長できる環境にあると思い、入社しました。

会社の雰囲気は?

非常にまじめだと思います。BtoBのクライアントが多いこともあると思いますが、広告会社に抱いていた当初のイメージとは違い、堅実に仕事をしているイメージです。また、育休や子育てと両立してバリバリ働いている方もいるので、本人次第で女性にとっても働きやすい職場でもあると感じています。

これからやりたいこと、将来の目標などは?

大学時代にアートマネジメントを学び博物館学芸員の資格を取得したので、それらを生かして文化施設の経営やまちづくり、企業の企画展に携わってみたいです。また、自分の好きなことが仕事につなげられる業界ですので、自分の好きな音楽やアート、写真等の知識を生かした提案を形にしていきたいと思います。また、現在携っている進行業務と営業を二刀流で行えるようになりたいです。

就職活動中の後輩へメッセージ

就活は、終わりがないので最終的な判断は自分になりますが、本当にその会社との「縁」だと思います。能力がある・ないどちらにしてもその会社に合った人が選ばれます。社会人になって感じたことは、世の中にはまだまだ知らない会社がたくさんあります。有名企業だけに目を向けるのではなく、自分に合った会社を見つけてください。

動画で見る新入社員の1日
ある1日のスケジュール