コンプライアンスへの取り組み

伝創社はコンプライアンスの徹底を通じて、真に社会から信頼され、お客様に安心してお取引いただける企業を目指しています。このような理念を実現するため、次のような諸施策・体制の整備を講じています。

内部統制システムの整備

会社業務の執行にあたり公正性・透明性及び効率性を確保し、企業としての質を向上すべく、実効性のある内部統制システムの整備を進めています。経営管理部を中心とした体制により、コンプライアンス、情報の保存・管理、リスク管理、業務の適正の確保を推進しています。
さらに仕組みとしてだけでなく、現状の業務プロセスを分析・評価する過程で認識された業務の効率性や法令遵守上の課題に対する改善活動を実施しています。

コンプライアンス体制図 コンプライアンス体制図

コンプライアンス実現のための活動

コンプライアンスを実践するにあたっての具体的な手引書として、「伝創社行動指針」を作成し、全社員に配布して周知徹底を図っています。
またコンプライアンスを継続的に実践するため、法令等に関する事項の定期的な点検の実施など、遵守のための手順見直しを定期的に実施しています。

情報資産リスク管理

伝創社では、業務においてお客様の重要な情報を数多く取り扱うことから、「伝創社情報セキュリティ基本方針」に基づいて責任体制を明確にし、情報セキュリティの維持・向上のための施策を継続的に実施しています。施策とルール化については「情報セキュリティ委員会」で審議し、社内全体で横断的に推進しています。
具体的には「情報セキュリティマニュアル」を制定して全社員に配布し、個々人ベースでのルール徹底を図ることで顧客情報を含む社内情報管理の徹底を行うとともに、システム障害に備えて、コンピュータやネットワークなどの重要な機器はバックアップデータ管理、ネットワーク二重化を図るなどの対策を講じています。
また当社の事業継続性を確保するために災害または重大な障害等が発生した場合の対応策を定め、全社での事業継続計画を立案し、定期的なテストと継続的な見直しを実施しています。
情報セキュリティ目標・ルールについては毎年リスクアセスメントの見直しに基づいて改定を図っており、全社での教育実施による全社員・関係者の情報管理に関する意識改革、実務レベルへの組込みを行っています。

■伝創社ストレージシステムサービス

伝創社では、著作権に関わる法規制を遵守するとともに、お客様企業が著作権トラブルに巻き込まれることのないよう、当社制作物データのストレージ一元管理を実施しています。詳しくは伝創社ストレージシステムサービスのご案内をご覧ください。

法務リスク管理

経営管理部にて当社に適用される法規制や各種条例を明確にし、遵守するための体制を構築するとともに、契約締結などの一元管理を通してコンプライアンス(法令遵守)の徹底を図っています。