作成者別アーカイブ: admin

2019年夏の宇宙企画_ディスカバリーch&ナショナルジオグラフィック

史上初のブラックホールの撮影成功のニュースも聞かれるなど「宇宙」への関心が高まる中、ディスカバリーチャンネルやナショナルジオグラフィックでは、この夏、さまざまな「宇宙企画」を予定しています。 ディスカバリーチャンネルでは、JAXA協力のもと、宇宙教育イベントを開催。 イベント協賛とTVスポットのオンエア50本で200万円のプランなどを用意しています。 ▼企画資料はこちら http://www.densosha.com/wp-content/uploads/2019/06/Discovery_Cos19.pdf また、ナショジオでは、日本実験棟「きぼう」完成・こうのとり初号機打上げ10 周年記念として、JAXAとのコラボレーション企画を予定しています。 もしご関心がありましたら、詳しい資料がございますので、伝創社の担当営業またはマーケティング部までお気軽にお問い合わせください。(※なお、ご提案にあたってはスポンサー競合の確認が必要となりますので、ご了承いただけますと幸いです。) 夢のある「宇宙」ビジネスは、ITをはじめ通信、農業に至るまで幅広い産業との連携可能性が期待されています。宇宙への関心の高い層、また未来を担う子供たちと保護者層に向けて、SDGsの観点も踏まえた企業ブランディングにぜひご活用ください。  
カテゴリー: マーケティング, メディア | コメントをどうぞ

内定者研修に「宣伝会議賞」で入社ロイヤリティ向上

      「宣伝会議賞」の申し込み締切が迫っておりますが今回は、『採用内定者研修』での活用をご提案させていただきます。 近年は新卒の売り手市場が続き、内々定後に学生側が迷うケースがよく見られます。 宣伝会議賞は「自社をひとことで表すキャッチフレーズを募集」などの課題を企業・組織が提示し、それに対する応募を募る企画です。 これに内定者や社員の方からも応募いただくことで、自社についてあらためて深く考える機会が生まれ、ロイヤリティの向上につながります。 内定者の離脱防止や、社員へのインナーブランディング効果も期待できます。 ▼企画概要資料はこちらです。 http://www.densosha.com/wp-content/uploads/2019/05/Se_naitei.pdf 当社は「宣伝会議賞」最多取扱代理店です。もしご関心をお持ちでしたら、詳細をご案内致しますので、お気軽にご相談ください。
カテゴリー: キーワード, メディア | コメントをどうぞ

拭く・包む・飾る~ 暑中見舞い・夏のご挨拶に(京染 手ぬぐい)

  初夏のような気候の日も多くなってきました。 夏イベントのノベルティは、うちわなどが定番ですが、手染めの「日本てぬぐい」をオリジナルデザインで制作するアイデアはいかがでしょうか? 日本の伝統イメージの柄や、まったくのオリジナルで作ることも可能です。 手拭は「拭く」だけでなく「包む」「飾る」、 万一の災害時にも役立つなど多様に活用でき、また日本の文化も感じさせる魅力があります。 製作は、京都の染物工房で手染めになりますので、少し時間がかかります。 もしご関心をお持ちでしたらお早めにお問い合わせください。 ▼当社制作事例 オリジナル和柄 手拭い http://works.densosha.com/novelty/104/1277 システム会社様 周年記念品セット事例 http://works.densosha.com/novelty/104/950 ▷「DN/BIZ」ご紹介ページはこちら  
カテゴリー: マーケティング | コメントをどうぞ

伝えたいことを、手のひらにのせて(ブロックメモ)

年始のご挨拶もひと段落し、様々な仕事が2019年の目標とともに本格始動しはじめた今週。 ご挨拶の中では、媒体出向といったプッシュ的な関りだけでなく、お客様と直接コミュニケーションをとり、しっかりと繋がりたい、 自社のサービスや商品の強みをもっと知って欲しい、という声が聞かれます。 サービス、商品など、大切なメッセージを浸透させるために取る手段は様々ありますが、 瞬間で消えるCM、ネット広告だけでなく、手元に残るグッズを活用されてはいかがでしょうか。 例えば、壁掛けカレンダーであれば、毎年同じサイズのご依頼をいただいているお客様の お取引様の壁に、カレンダー形の日焼けがついているほど欠かせない存在となっている、という話をうかがいました。 当社からお年始にお配りしているブロックメモをデスクに置いて、毎年ご活用いただいているお客様もいらっしゃいます。 こうした声を直接うかがうと、人と人との繋がり、仕事は現場で人が動かしているということを実感します。 伝創社ではお客様との仕事の中で磨かれたオリジナル商品が数々存在します。 当社のノベルテイーサイトではそういった商品をご紹介しております。 12月末にリニューアル始動したばかりですが、これから当社の商品をどんどんアップしていきますので、ご覧いただけますと幸いです。 https://densosha.sakura.ne.jp/dnbiznovelty/ 本年もどうぞよろしくお願いいたします。
カテゴリー: キーワード | コメントをどうぞ

従業員がみんなで「世界記録に挑戦」、一体感を醸成する。

いま、人材の不足や定着率の低さが様々な業界で課題となっています。インナーの意識統一に向けては、例えばブランドブックの配布やブランディング会議のような形で、「ブランディング」としてのコミュニケーション展開をしてきている企業も多いですが、こうした社内教育的なスタイルではなく、もっと楽しくブランディング効果を上げられる方法がないのでしょうか? そこで、「社内イベント」が再注目されています。従業員とそのご家族の参加による運動会やホテルでのキックオフパーティー、周年記念イベントなど、目的や参加メンバーによって形式は様々ですが、いずれも、参加型で一体感を醸成することが重視されます。イベントの実施にあたっては「コンセプト」の設定が重要であり、参加者が共感できる自社ならではのメッセージを掲げることで、より効果的なイベントを実現することができます。 企業コンセプトに基づいたイベントアイデアとして、参加者全員が何かの「世界記録」にチャレンジするという企画があります。例えば、「全員で折鶴を折る」、「巨大なモザイク画を作成する」、「一斉に手でサインを作る」などといったものです。比較的簡単に挑戦できるものでも、参加者が全員で一斉に行うことで「世界記録」に認定させることができます。全員参加で作った記録が、参加者一人ひとりの心と社内外に示せる明確な記録としてしっかり「残る」ことで、イベントはオリジナルでかけがえのないものとなることでしょう。世界記録にチャレンジする企画については、詳細な資料がありますので、ご興味がありましたらぜひお問い合わせください。
カテゴリー: マーケティング | コメントをどうぞ

「漫画」なら、商品・サービスをわかりやすく伝えられる

クール・ジャパンという言葉からも想起される「漫画」は、もはや日本の代表的な文化の一つです。漫画の起源とも言われる『鳥獣戯画』は平安時代までさかのぼりますが、現代、特に「週刊少年ジャンプ」に代表される少年・少女漫画週刊誌が多くの発行部数を誇った1970~80年代に子供時代~青春時代を迎えた世代が現在、ビジネスにおける決定権層を形成しており、いま、漫画は日本のあらゆる世代にとって親しみのある表現方法となっています。 こうした中で、自社の商品・サービスの特徴をわかりやすく伝えるために「漫画」の手法を活用するケースも増えています。コンシューマー向けの商品や子供向けの学習教材などでは以前から多用されてきた、広告としては「古典的」とも言える手法ですが、最近では、大人向けやBtoB向けの商材にも活用されるようになってきました。これは前述の通り、決定権層が「漫画世代」にさしかかってきたことに関係すると考えられます。 また、漫画には「キャラクター」があります。このキャラクターを広告コミュニケーションに活用することもできます。認知度の高いキャラクターであれば、そのキャラクター性を自社商品・サービスと結び付けてアピールすることができ効果的です。例えば「どら焼き」好きのキャラクターを、どら焼きの商品広告に起用するといった考え方です。また実在するタレントとは異なり、突発的なトラブルなどのリスクが低いこともメリットです。漫画のキャラクターを起用する場合は、ターゲットの世代や属性に配慮することで、その認知度を100%活かすことができます。 さらに、最近では「Twitter漫画家」といったジャンルも登場しています。作品発表の場を従来の紙媒体ではなくWebで行っている作家群ですが、フォロワー数の多い作家に作品の制作を依頼することで、そのネットワークを活かすことができ、話題づくりにつながりますまた、Webのため更新が容易で、Webでの広告配信と相性の良いクリエイティブを実現できます。Webで認知を高め、テレビその他のメディアで幅広い活用に展開している作家も多く、「どこかで見たことがある作風」と感じることもあるでしょう。 このような、「漫画コミュニケーション」については、詳細な企画資料がありますので、ご興味がありましたらぜひお問い合わせください。
カテゴリー: クリエイティブ | コメントをどうぞ

「AI」を実務で取り入れるには?

最近「AI」という言葉をメディアで目にしない日はない、といっても過言ではないほど注目を集めるAI=人口知能。「AIに仕事を奪われる」といった悲観的な記事から、「いや、AIはイノベーションをもたらし、新たな仕事を創り出す」という論調まで様々です。しかしこれほど話題になっていながらも、実際の業務にAIを取り入れている企業・組織はそれほど多くはなく、「自社でAIを使ってどのような取り組みができるのか」を検討中という動きがまだ中心のようです。 しかしながら広報的な観点からすると、AIのような最新テクノロジーの導入は、早期であるほど話題性があり、メリットが大きい面があります。また、今後どのような方向に進化していくか誰にも分からない中だからこそ、トライ&エラーでAIそのものの進化を自社のイノベーションに組み込んでいくといった考え方もでき、「まずできることからAIにやらせてみる」という発想もあってよいのではないかと考えられます。 そこで、コミュニケーションの視点から、実務に取り入れやすい「AI」をご紹介させていただきます。まず一つは、Webサイトに「AI」を取り入れる、という方法です。具体的には、 AIがお客様の質問にリアルタイムで答えるFAQシステムが作れます。さらに、リアル店舗なら、デジタルサイネージ画面を設置し、そこにキャラクター型のAIを入れて、来店客へのご案内をすることが可能です。多言語対応のAIなら、英・中・韓などの言語を中心に、インバウンドの外国人観光客にも簡単に対応できます。 このようなプロモーション的な方向性からのAI導入に加えて、もう一つ「人手不足」への対応としてAIを活用するという考え方もあります。例えば、社内向けヘルプデスク担当をAI化することで、継続的な生産性の向上が図ることができます。社内のナレッジをAIに蓄積して経験を積ませていけば、社内の「生き字引き」的なAIを育てることができ、しかも24時間365日休みなく対応させることが可能になるのです。 以上、「まずは取り入れてみる」AIのご紹介については、詳細な企画資料がありますので、ご興味がありましたらぜひお問い合わせください。
カテゴリー: キーワード | コメントをどうぞ

「業界紙(誌)」で新マーケットを開拓する

メディアの勢力図が大きく変化し、「雑誌」や「新聞」などの紙メディアは逆風の時代とも言われてきました。中でも「業界紙(誌)」のジャンルにおいては、Web以前の時代に貴重な情報源として親しまれた新聞・雑誌が休刊・廃刊に追い込まれる事態も多く発生しました。しかしこうした流れが一巡し、優れた業界メディアが生き残った今、広告会社の肌感覚として、新たな業界メディア活用の動きが始まりつつあると感じています。 従来、業界紙(誌)への広告出稿の多くは、業界内の広告が中心でした。例えば化学業界なら化学メーカーや関連業界の企業からの広告といった具合です。中には「お付き合い広告」のようなものも散見されました。しかし今、目に付き始めたのはこれまでとは異なり「全くの異業種」企業からの広告出稿です。その背景には、業界を超えてボーダレスな事業展開を行う企業が増えていることが挙げられると考えます。 ひとつはIoTの進展により、テクノロジーの分野でソフトとハードの垣根がなくなり、互いの業界に新製品・サービスを広げていく動きがあります。また、従来のビジネスから新たな成長可能性を捉え、例えば「教育」分野に参入するなど、新規ビジネスを開始する企業様もあります。いずれの場合も、従来の商流とは異なる業界からリードを獲得したいというニーズが生まれ、その結果として、特定の業界に特化したメディアを活用するという戦略が取られるのです。 当社では、BtoB企業とのお取引が中心であることもあり、長年にわたり様々な業界紙(誌)への広告を取り扱っています。(参考)http://works.densosha.com/media/37、その中で各業界の主力メディアとして位置づけられる紙誌を把握しており、お客様ごとに最適なメディアプランをご提案することが可能です。業界紙(誌)は、発行部数がABCなどの公査対象外のものが多く留意が必要ですが、例えばDMやターゲティングメールと組み合わせるなどの方法で、新規ターゲット市場に効果的なアプローチをすることも可能です。このあたりのマーケティング施策も併せてご提案できることが、当社の強みでもあります。 各メディアの媒体資料がございます。お気軽にお問い合わせください。
カテゴリー: キーワード | コメントをどうぞ

展示会のリード数を100倍にするには?

秋の展示会シーズンも終わり、イベント後のフォローTELやメール配信が一巡した頃ですが、貴社ブースで獲得したリードは、うまく営業フローに乗っていますか?せっかく高い出展費用をかけて出展しても、実際の売上につながったかどうかは???ということはよくあります。マーケティングオートメーション等を導入し、リードの後追い施策の向上を図っておられる企業様も増えてきていますが、そもそもの「リード数」について考えてみたことはありますでしょうか。 例えば展示会へ30,000人の来場者があったとしても、自社の商談ブースで話をできたのは300名など、接客リソースには限界があります。展示会はマーケティングにおいて、本来「未知のお客様に出会う」機会として、従来名刺の獲得数が競われてきましたが、自社ブースでの名刺交換をゴールとしてしまうと、そのチャンスは限定的なものとなってしまう可能性があります。確かに、じっくり商談までできた質の高いリードという意味では、ブース対応は当然重要ですが、それ以外の部分にも目を向けることができるのではないでしょうか。 私たちが着目するのは「来場者」です。その展示会への来場者は、全員が貴社の業界・ビジネスに接点を持つ可能性があるターゲット層です。彼らに向けてセグメントされた広告を配信すれば、ダイレクトに訴求できる可能性は高いはずです。 ここで、スマートフォンの位置情報を活用します。展示会来場者の位置情報を捕捉して、「当日の該当する時間帯にその場所にいた」というデータをもとに、彼らに向けて貴社の商品・サービスの広告を配信するのです。「情報が欲しくて多忙な合間を縫って業界の展示会に行ったものの、貴社ブースには立ち寄る時間がなかった」という方にとっては、ありがたい情報提供になります。リアルタイムでの配信も可能なので、例えば展示会帰りに最寄り駅でスマートフォンを見ていたら広告が表示された、などブースに来場者に対する印象づけにもつながります。 さらにこの広告配信方式なら、予算の関係で年間の全ての展示会には出展できないという場合、全ての関連イベント会場に対して同様の施策を実施することが可能です。「バーチャル出展」というイメージで、リアルなブースを出さずに、リード獲得を目指すことができます。特に最近は、特定の業界に限らずよりオープンで横断的な商品・サービスも増えていますので、多くの展示会への出展を検討することになり、その場合もこうした施策がより効果を発揮するのではないでしょうか。 <下記URLより企画書をご覧いただけます> http://www.densosha.com/wp-content/uploads/2017/10/ichi_171016_tenji.pdf 詳細につきましては、お問い合わせください。
カテゴリー: マーケティング | コメントをどうぞ

AR付きポスターやカタログをつくるメリットとは?

ポスターやカタログ、雑誌・新聞広告など、いわゆる「紙媒体」のグラフィック広告。パッと目につくビジュアル、興味を引かせるコピーなど、クリエイティブ力が試される広告分野ですが、最近では、様々なテクノロジーを組み合わせたものも多く、その一に「AR」技術があります。 そもそも「AR」とは、Augmented Reality=拡張現実のことで、「拡張」という言葉がキーワードになります。つまり、ポスターなどの現実世界に別の情報を加えて、現実を「拡張」する技術を意味しています。例えばポスターを、スマホ画面を通してみると、実際にはその場にないはずの映像やCGを表示するといった使われ方があります。「VR」と混同されがちですが、VRはバーチャルリアリティ:仮想現実のことで、これはあたかも現実のように作り込まれた「バーチャルな」世界に人が入り込んで行動するイメージ、と言えば違いを理解いただけますでしょうか。 さて、VRは大掛かりな仕組みが必要ですが、ARなら、手軽にビジネスに活かすことができます。例えば、最も簡単な使い方の一つに、カタログにスマホをかざすと動画が見られる「動画カタログ」があります。商品やサービスの特長を動画でわかりやすく伝える、というメリットに加えて、実はこのAR活用には、もう1つのメリットがあります。 それは、かざしたスマホに、PUSHで情報発信できることです。 ▼イメージ図 http://www.densosha.com/wp-content/uploads/2017/10/ARimage.pdf これなら、比較的関与度の低いターゲットにも、無理なく情報を発信することができます。AR動画カタログを閲覧してくださったお客様との間に、新たな接点を作ることができるのです。もしこのような施策にご興味をお持ちでしたら、詳細につきましては、お気軽にお問い合わせください。
カテゴリー: キーワード | コメントをどうぞ